貧乳さん必見!バストアップに効果的がある10のツボを解説します

私たちの身体には約360個のツボがあると言われています。そのなかからバストアップに効果がある10のツボを今回ご紹介致します。

バストアップには血流の促進と、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が欠かせませんが、その10のツボは、バストアップに欠かせない乳腺の発達に必要な女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促したり、血行やリンパの流れを良くしたりする働きがあります。

また、胸のカタチを保ちながら、ハリもアップさせてくれるツボもあります。さらに!ストレス緩和や美肌・生理痛を軽減する女性にとって嬉しいツボもご紹介しておりますのでぜひ参考にしてみてください。
貧乳さん必見!バストアップに効果的がある10のツボを解説します

バストアップに効果がる10のツボ

バストアップメソッドとして、多くの女性の間でバストアップマッサージやバランスのよい食事・大胸筋のエクササイズ・ストレッチ・サプリメントなどが注目されています。ここ最近では、バストアップマッサージが雑誌やテレビでも特集され、短い施術で効果的が絶大として話題になりました。その話題の中心にいるのが「バストアップの神」と言われている神長アイリーンさんです。神長アイリーンさんは、M-STYLEというエステサロンを恵比寿にかまえ、有名芸能人やモデルなど多くのファンがおられます。そんな、バストアップマッサージは、バスト全体の血行を促してリンパの流れの正常化にも働きかけるため、多くの女性が取り入れています。ただし、施術時間50分で37,800円するほど高額です。

今回ご紹介するツボ押しは、マッサージではありませんが、ツボを刺激することでリンパの流れを良くしたり、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す働きがあります。また、胸のカタチを保ちながら、ハリもアップさせてくれるツボもありますのでぜひ参考にしてみてください。

 

壇中(だんちゅう)

壇中(だんちゅう)

左右の乳頭の中間点にあるツボです。脂肪が少ないため少々痛いと感じる方もいるかもしれませんが、女性ホルモンの分泌を活性化し、バストアップのほか、ストレス緩和や美肌、生理痛を軽減する効果も期待できます。女性の身体にとって、様々な嬉しい作用をもたらしてくれるツボです。

ツボを押すときは、息を吐きながらゆっくり5秒間押して、次に息を深く吸いながらゆっくり指を離します。これを5回繰り返しおこないます。

 

神封(しんぽう)

神封(しんぽう)

左右それぞれ胸の谷間から少し乳首側にあります。高さは、だん中より少し下で、真ん中の谷間から指をすべらせて、へこんだ辺りです。神封は、乳腺の集まっているところにあるツボで、バストアップのツボとして有名です。親指でグイグイと刺激するだけで、女性ホルモンが活発になります。しかも!ただ大きくするだけではなく、胸のカタチを保ちながら、ハリもアップさせてくれます。

 

乳根(にゅうこん)

乳根(にゅうこん)

左右それぞれの乳頭の少し下にあります。だいたい指2本分ぐらい下という感じです。第5助骨、第6助骨の間にあたります。ゆっくり息を吐きながら左右同時に指の腹で圧をかけ、深く吸いながらゆっくり圧を緩め指を離す。これを5回繰り返しおこないます。乳根は女性ホルモンの分泌を促し、リンパの流れを活性化させます。また、バストに栄養を行き渡らせる効果も期待できます。さらに!母乳の出を促進させる効果もあり、授乳中の母乳の量にお悩みの方にもオススメのツボです。

 

天溪(てんけい)

天溪(てんけい)

左右それぞれの乳首から、横(外側)へ高さが同じぐらいのライン上で、乳房の脇に部分にあるツボです。左右を同時に、内側へ向かって刺激していきます。こちらも「神封」と並んで、乳腺を刺激する代表的なツボのひとつです。ツボを押す時は、親指を使って、天渓のツボから左右の胸を持ち上げるように内側に押します。左右のツボを同時に刺激するのがポイントです。

 

渕腋(えんえき)

渕腋(えんえき)

第3~4助骨の間にあるツボで、乳頭から約10センチ外側、わきの下から少し前へ出たあたりに位置しています。わきはリンパが集中している部位なので、ハリのあるバストを手に入れたい方に最適です。また、エストロゲンの運搬も促してくれます。

 

屋翳(おくえい)

屋翳(おくえい)

乳首から真上に5cm~7cmぐらいのところで、ちょうど乳房がふくらみ始めるあたりにあります。この屋翳は、血行促進し、リンパの流れを良くする働きがあります。また、女性ホルモンの分泌量を増やします。ツボを押す時は、1分~3分ほど押さえるようにしましょう。

 

膺窓(ようそう)

膺窓(ようそう)

乳頭からの鎖骨に向けて縦のライン上にあるツボで、両点の中間あたりに位置しています。乳腺の働きに作用するといわれているツボで、血流が滞っている人ほどイタ気持ちいいと感じるようです。膺窓周辺の鎖骨やバスト上部も併せてほぐすようにしてみましょう。この膺窓は、血行を促進し、女性ホルモンの分泌を活性化する働きがあります。また、乳房に直接刺激が伝わると言われているのでバストアップのツボでもより効果があります。ツボを押す時は、3秒押して、ぱっと離します。これを5回繰り返しおこないます。

 

中府(ちゅうふ)

中府(ちゅうふ)

胸から少し離れた場所で、鎖骨の外側の下にあるくぼみから、だいたい指1本分下の位置にあるツボです。少しへこんでいるあたりになります。大胸筋のリンパの流れを整える働きがあります。ツボを押すときは、息を吐きながら5秒ほど押し、ゆっくりと離す。これを5回繰り返しおこないます。また、「8の字」にマッサージするのも効果的です。

 

胸郷(きょうきょう)

胸郷(きょうきょう)

胸郷(きょうきょう)は、両手をまっすぐ下ろした脇の下から3センチほど内側にあります。乳腺を発達させ、女性ホルモンの分泌を活性化させるツボです。出産後、母乳が出ないときにもオススメのツボと言われています。

 

関元(かんげん)

関元(かんげん)

関元(かんげん)は、おへそから、指4本分下がったところにあります。女性ホルモンの分泌を促し、下腹部にたまった不要な水分も排出してくれるデトックス効果があるツボです。

 

今!話題のバストアップ成分「ボロン」のサプリメントはこちら

 

バストアップにイソフラボンは効果がある!?アラサーも諦めるな!

「バスト、大きくしたい!!」ってほとんどの女性が一度は思ったことがあるのではないでしょうか。歳を重ねるごとにその願いも薄れて行き、やがては諦めてしまう方が大勢いらっしゃいます。ですが、バストサイズは30%が遺伝と言われています。残りの70%は生活習慣や細身体型によるものなんです。ですので、アラサーになったからといってバストアップを諦めることはないんです。
また、胸を育てるのに必要なのが、「成長ホルモン」と乳腺にできる「ラクトゲン受容体」なんですが、この「ラクトゲン受容体」は胸がふくらみ始める13歳~17歳の間に、沢山作られるのですが、実はコレ、20代、30代以降にも残っていたり、作られたりしているんです。「ラクトゲン受容体」に「成長ホルモン」が働きかけると、胸が大きく育ちます。ですので、アラサーの方もでもこの「ラクトゲン受容体」が残っている可能性があるので、バストをアップを諦めることがないんです。
そこで、今回は、バストアップに効果があるイソフラボンやボロンについてのご紹介や、バストアップサプリを選ぶ際の注意点をご紹介致します。
バストアップにイソフラボンは効果がある!?アラサーも諦めるな!

イソフラボンとボロンはバストアップに必須

ネットで検索すると、バストが大きくなる食べ物として真っ先に表示されるのが大豆イソフラボン。最近ではボロンが注目をされています。この大豆イソフラボンは納豆・豆乳・きなこ・味噌汁・豆腐などの食べ物に多く含まれています。日ごろからそれらの食べ物は摂取しているので安全な食べ物です。
なぜ、このイソフラボンがバストアップに効果があるかというと、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをすることが分かっているからなんです。ちなみに、エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で、女性のカラダを作るのに欠かせない成長ホルモンです。エストロゲンが分泌すると乳腺が刺激されるので、バストアップ効果が期待できます。
一方のボロン(Boron)も、キャベツやピーナッツ・リンゴなどに含まれる成分で、このボロンにはエストロゲンの分泌を促進する効果があります。プエラリアよりもバストアップ効果が高いともいわれていて、ボロンを摂取するとバストを保護するために乳腺に脂肪が付くので、バストアップがはかれるということなんです。しかも!ボロンやイソフラボンは、プエラリア・ミリフィカとブラックコホシュ違って副作用もない安全な食べ物です。
ですので、バストアップをしたいアラサーの方は、イソフラボンやボロンを多く含んだ、納豆・豆乳・きなこ・味噌汁・豆腐・キャベツやピーナッツ・リンゴなどの食べ物をしっかり摂るようにしましょう。

 

バストアップサプリを選ぶ際の注意点

バストアップサプリを選ぶ際の注意点

バストアップをはかるためにサプリメントを選ばれる方もおられると思います。サプリメントの良い点は、効率的に摂取できることです。大量に食べなければ摂取できない成分も2,3錠を飲むだけで、簡単に摂取できてしまします。飲む時間も関係なく好きなタイミングに飲むことができます。
そんな効率的なサプリですが、バストアップサプリの多くで使用されているのが、プエラリア・ミリフィカやブラックコホシュです。ただし!これらの摂取には注意が必要です。
理由は、日本医師会から注意喚起されていますが、プエラリア・ミリフィカを摂取された方々から、不正出血・乳房の異常・呼吸器障害・消火器障害などの副作用が報告されているからなんです。ブラックコホシュも肝機能障害・黄疸・肝炎などの症状が報告され、厚生労働省からも注意喚起が出されています。
ただ、現在のところ明確な摂取量の上限が決められているわけでもありません。ですので、少しでも不安がある方はプエラリア・ミリフィカやブラックコホシュは避けた方hよいでしょう。


プエラリア・ミリフィカは、タイ北部等に広く分布しているマメ科の植物で、根っこの部分にに強い植物性エストロゲン(女性ホルモン)作用を持つ物質が多く含まれています。また、ブラックコホシュ(black cohosh)は、北アメリカ原産のキンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草で、別名ラケモサとも呼ばれています。根や根茎から抽出し得られるエキスには、フィトステロール・糖類・タンニンなどの成分を含み、エストロゲンなどの女性ホルモンに似た作用を発揮することが分かっています。

 

安心して飲めるボロンのサプリメント「ボンボンボロン(Bom2 Boron)」はこちら

 

 

暴露!ボンボンボロン11種類の成分に副作用の心配はないのか!?

ボンボンボロン(Bom2 Boron)は、バストアップしたい方や、女性らしいくびれのあるメリハリボディを手に入れたい方の間で話題のサプリメントです。バストアップ成分としても今注目されているボロンや体脂肪を低減させるホップエキス、お肌の弾力・ハリを改善するエラスチンをはじめ多くの美容成分が含まれています。また、プエラリア・ミリフィカやブラックコホシュが含まれていないので安心して毎日飲み続けられると評判です。
そんなボンボンボロンの厳選成分11種類には副作用の心配がないのか調べましたのでご紹介します。
ボンボンボロン(Bom2 Boron)

ボンボンボロン(Bom2 Boron)

厳選成分11種類には副作用の心配がない

毎日継続して飲み続けるものだから安心して飲めるサプリメントが必然です(^^♪
そこで、ボンボンボロンの厳選成分11種類について詳しく調べましたのでご紹介を致します。

まず、バストアップ成分としても有名なプエラリア・ミリフィカとブラックコホシュは未使用です。

これらのプエラリア・ミリフィカとブラックコホシュの成分について知らない方に説明をすると、どちらも女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があり、バストアップや女性らしいメリハリボディを作るのに効果が期待できる成分なんですね。

でも過剰摂取をしてしまうと副作用が起こってしまうことが分かっていて、厚生労働省や日本医師会からも注意喚起されている成分なんです。

もう少し詳しく説明をすると、プエラリアミリフィカは、亜熱帯地域が原産のマメ科の植物から抽出し得られる成分で、根の色から、赤プエラリア、黒プエラリア、白プエラリアなどに分けられます。この中でバストアップに効果的と言われているのが白プエラリアで、バストアップサプリの成分として知られるプエラリアミリフィカは白プエラリアを示す名称です。

この白プエラリアには、美乳効果の高い成分「ミロエストロール」と言う成分が豊富に含まれており、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似た作用があります。

女性ホルモンと類似作用がある成分として大豆イソフラボンが広く知られていますが、ミロエストロールは大豆イソフラボンよりも効率的に体に作用することが証明されています。

ただ、プエラリアを過剰に経口摂取(口から食べること)をしてしまうと、腹痛・嘔吐・下痢・月経不順・不正出血・じんましん・肌荒れなど体にとって危険な副作用が出るリスクが高まります。

プエラリアの原産国であるタイでは、プエラリア配合サプリの一日当たりの摂取上限量を100㎎と定めています。食料としての摂取は200㎎までです。一方、日本では明確な摂取上限量は決められておらず、あくまで参考値である400㎎/日を基準にサプリメントの摂取目安量が設定されています。

最近、プエラリア・ミリフィカを含む健康食品・サプリメントによる健康被害が多数報告されており、厚生労働省や日本医師会から相次いで注意喚起が出されました。
出典元:厚生労働省、日本医師会
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000171161.html
https://www.med.or.jp/people/knkshoku/pueraria/index.html

一方のブラックコホシュとは、北アメリカ原産のキンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草で、別名ラケモサとも呼ばれています。植物性のホルモンを持つハーブとして、北アメリカの女性たちとっては昔からお馴染みの成分です。このブラックコホシュには女性ホルモンの「エストロゲン」と似た植物性エストロゲが含まれています。そのため、バストアップ・更年期障害の改善・生理不順、生理痛の緩和・冷え性、ほてり、動悸などの神経系症状の緩和が期待される成分なんです。が、国外では肝機能異常・黄疸・肝炎などの健康被害があったため、平成18年8月に厚生労働省より注意喚起が出されています。
出典元:厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/hokenkinou/dl/blackcohosh.pdf

そんなプエラリア・ミリフィカとブラックコホシュは、ボンボンボロンには使っていませんので、ご安心ください。

では、ボンボンボロンの厳選成分11種類について副作用の心配はないのかというと、キャベツやピーナッツ・リンゴなどに含まれる成分ボロン(Boron)やビールに使われているホップエキス、ザクロ・豆乳などから抽出した成分から産生されています。ですので、副作用を起こす成分は含まれていません

ただし妊娠中・授乳中の方は使用を控えたほうが良いでしょう。チェストツリーやワイルドヤムは女性ホルモンを整えてPMS(月経前症候群)を緩和する作用があるので、デリケートな体になっている生理中・妊娠中・授乳中の方は控えたほうが良いでしょう。

ボンボンボロンの厳選成分11種類を分類すると、メリハリボディ成分・リラックス成分・美容成分に分けられます。それぞれの成分をご紹介致しますね(^^♪

成分カテゴリー 評価 成分名
メリハリボディ成分 非常に良い ボロン(ホウ素)・ホップエキス・レッドクローバー・ザクロ果実エキス・豆乳・ワイルドヤム
リラックス成分 非常に良い チェストツリー
美容成分 非常に良い エラスチン・ヒアルロン酸・プロテオグリカン・コラーゲン

メリハリボディ成分のボロンにはエストロゲンの分泌を促進する効果があります。エストロゲンは、女性ホルモンの一種で、女性のカラダを作るのに欠かせません。エストロゲンが分泌すると乳腺が刺激され、バストアップ効果が期待できます。このボロンはプエラリアよりもバストアップ効果が高いともいわれていて、ボロンを摂取するとバストを保護するために乳腺に脂肪が付き、バストアップするという仕組みです。

また、ワイルドヤムやレッドクローバー・豆乳にも女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンが含まれているので乳腺が刺激され、バストアップ効果や女性らしいボディメイクが期待できるんです。

 

ボンボンボロンの厳選成分11種類について効果や副作用を起こす可能性を詳しく調べておりますのでご覧ください。

成分カテゴリー 成分名 効果・安全性
メリハリボディ成分

ボロン(ホウ素)

ボロン(ホウ素)

ボロン(Boron)とは、キャベツやピーナッツ・リンゴなどに含まれる成分で、日本名はホウ素(硼素)です。ビタミンDを活性化し、骨の形成と維持に必要なミネラル、カルシウムやマグネシウム及びリンの新陳代謝に必要な成分です。老化が原因で起こるカルシウムの排泄を抑える作用があり、骨粗しょう症を予防するとして注目されています。また、ボロンは美しいバストラインとハリをサポートする働きがあり、豊胸サプリメントとしても今注目されている成分です。

ホップエキス

ホップエキス

ホップエキスは、ビールの味づけにつかわれているあの苦みのある茶色の液体のことです。ビールに入ったホップには、泡持ちの持続性を良くする働きに加え、雑菌の繁殖を抑える力があります。また、そのほかにも消化促進・食欲増進の効果があります。 最近の研究で、ホップに含まれるポリフェノールが「発毛の促進」と「脱毛の抑制」に効果があることもわかっています。さらに!熟成したホップには、体脂肪を低減させる効果があることも分かったいます。

レッドクローバー

レッドクローバー

レッドクローバーはヨーロッパの温暖な地域に生息するマメ科に属する植物で別名アカツメクサとか、ムラサキツメクサとも呼ばれています。このレッドクローバーには「ビオカニンA」というイソフラボンが含まれていて、女性ホルモンとよく似た働きをします。レッドクローバーに含まれるイソフラボンの量は、大豆の10倍~20倍とも言われており、女性らしいメリハリボディを作るのに欠かせない成分です。

ザクロ果実エキス

ザクロ果実エキス

 

ザクロ果実エキスは、スーパーフルーツとも呼ばれるほど栄養成分が豊富な果物です。というのも人間にとって欠かせないミネラル、カリウムをはじめビタミンB1、B2、Cなどが含まれているからなんです。古代エジプトやギリシア、ローマの時代から薬用としても用いられていたほどです。

豆乳

豆乳

豆乳の主な栄養成分は、たんぱく質・ビタミンB群・ビタミンE・レシチン・サポニン、そしてイソフラボンなどです。このイソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」に似た働きをするので、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促します。ですので美容効果が期待できます。さらに!肌の新陳代謝を促す効果やシミ・シワ・くすみ・ニキビの予防、さらには肌にハリや弾力をもたらし、女性本来の美しさ・若々しさを手助けしたりとうれしい効果が満載です。

ワイルドヤム

ワイルドヤム

ワイルドヤムは、南米のメキシコ(アミエリカ)が原産地で北米の中西部から東部、ラテンアメリカやアジアに自生する蔓性(つる)の植物です。日本では野生ヤマノイモという名前で知られています。女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用がプエラリア・ミリフィカの数十倍の効果があると言われており女性のための健康ハーブとしても注目されています。古くから去痰薬(きょたんやく、痰(たん)を出しやすくする薬)として利用されてきましたが、この植物に含まれるサポニンが月経困難症や卵巣・子宮の痛み、さらには神経痛・リュウマチの治療にも効果があるとされ、女性のためのケア・ハーブとして注目されています。また、ワイルドヤムには、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの基になるジオスゲニンという成分がたっぷり含まれています。女性らしい体つきにする作用、月経周期に伴う子宮に対する作用、骨の成長に関与する作用、みずみずしい皮ふに対する作用、そしてコレステロール値に対する作用など、様々な面から女性ホルモンの生成に関与し、正常なホルモンバランスを維持する働きをします。
リラックス成分

チェストツリー

チェストツリー

チェストツリーは、セイヨウニンジンボクとも呼ばれる低木から抽出し得られるエキスで、西洋では古くから、女性の生理前・生理中の辛さを和らげるハーブとして重宝されてきました。乳房のはり・肌荒れ・便秘のような身体に現れる症状から憂鬱・情緒不安定やイライラなどの精神面の症状までチェストツリーが有効です。
美容成分 エラスチン エラスチンとは、弾力線維性タンパク質のことで、コラーゲンとともに皮膚や血管など常に伸縮が繰り返されている結合組織の中に存在し、組織の伸縮に関わっているタンパク質です。お肌の弾力・ハリを維持したり、特に、たるみ予防に大きな役割を果たしています。
ヒアルロン酸 ヒアルロン酸は元々人の体の多くの組織に含まれている成分で細胞同士を結びつけたり、高い保水力で体の機能を円滑にする効果があります。1グラムで約6リットルもの水を貯える高い保水性が特徴です。人体の約60%は水分から構成されていますのでヒアルロン酸がいかに私たちになくてはならない大切な存在であるかがわかります。ヒアルロン酸は肌の表面の下にある真皮という部分にたくさん含まれていて、これが不足してくると肌にハリがなくなったり乾燥しがちになります。肌の保湿性や粘弾性の維持、肌のシワやたるみの予防にヒアルロン酸は欠かせない成分です。
プロテオグリカン サケの氷頭と呼ばれる鼻軟骨から抽出して得られる糖タンパク質です。プロテオグリカンは、ヒアルロン酸やコラーゲンと同様に皮膚の真皮の潤いや弾力を保つ働きがあります。そのため、シワを改善し、老化を予防する効果が期待されています。
コラーゲン コラーゲンはタンパク質の1種で、人間の身体をつくっているタンパク質のうち、約30%がコラーゲンとされています。また、皮膚の約70%はコラーゲンが占めています。このコラーゲンは肌にハリとつやを与える成分ですが、年齢、紫外線、刺激などによって減ってしまいます。そこでコラーゲンを摂取することでお肌のハリやシワを改善することができます。毎日コラーゲンサプリメントを摂取した女性が、8週間後、目の周りの深いシワが20%改善したとのこと実験結果も報告されています。

 

最安値

ボンボンボロンの最安値は、公式サイトです。オススメの購入方法は、定期購入(単品)です。なぜなら、2,138円(税込)の最安値で購入できるからです。また、全額返金保証が付いているので万が一、身体に合わないといった場合でも返金できるので安心して購入することができます。

定期購入という形にはなりますが、一般的な定期購入と異なり、継続条件がないので、たった1回だけでも解約でき、初めての方のお試しとしても好評です。
定期購入というと、解約が大変だったり面倒だったり、電話番号が分からなかったりで、購入するのをためらう方も、いらっしゃるようです。
ボンボンボロンの定期購入の解約方法は、電話(0120-106-126)ひとつで簡単にできるので、安心して購入できます。

Amazonや楽天からの購入の際は、転売品や模造品、類似品でないことをお確かめの上ご購入くださいね。確実に本物を受け取りたい場合は公式サイトからの購入する方が確実です。

大手通販サイトの販売価格を比較しまとめましたのでご覧ください。

  公式サイト アマゾン ヤフーショッピング 楽天市場
オススメ度
定期購入(単品) ¥2,178円 販売ナシ 販売ナシ 販売ナシ
定期購入(3ヶ月毎3袋セット) ¥10,978円 販売ナシ 販売ナシ 販売ナシ
都度購入(単品) ¥8,690円 ¥3,100円 ¥3,977円 ¥8,532円
全額返金保証 アリ ナシ ナシ ナシ
プライバシー保護配送 不可 不可 不可
送料 無料 無料 無料 無料

※定期購入(単品)は、初回¥2,178円、2回目以降¥5,478円となります。
※上記金額はすべて税込価格です。
※返金保証は、定期購入のみが対象になります。単品は30日間、3ヶ月毎3袋セットは90日間の全額返金保証になります。
※公式サイトの送料は、定期購入は無料、都度購入は640円です。

公式サイトならプライバシー保護配送で自宅に届くので、誰にも気付かれずに購入することができます。送付伝票や、お届けする箱にも商品名やブランド名の記載は一切ありません。デリケートなお悩みに対する商品なので家族や彼氏には分からないように配送します(^^♪

プライバシー保護配送

「暴露!ボンボンボロン11種類の成分に副作用の心配はないのか!?」の続きを読む…

マニグランド神長アイリーン式バストアップ成分とその効果を暴露!

バストケアクリーム「マニグランド」は、大物芸能人のファンを多く持つエステティシャン神長アイリーンさんがプロデュースしたバストケアクリームです。その神長アイリーンさんが考案した独自のバストアップメソッドを「アイリーン式」と呼び、ViViで特集が掲載されたほどです。
そんなマニグランドには、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似た作用があるプエラリアミリフィカや、塗った場所にだけ脂肪を増大させる効果があるハナスゲ根エキス(ボルフィリン)などの成分が含まれているからバストアップが期待できるクリームなんです。
そこで、今回はバストケアクリーム「マニグランド」の全成分とその効果をご紹介を致します。
バストケアクリーム「マニグランド」

全成分と効果

マニグランドは、超大物芸能人のファンも多く、「バストアップの神」と称されるエステティシャン神長アイリーンさんがプロデュースしたバストケアクリームです。確かな美容知識と技術を武器に、多くの女性のバストを美しく変貌させてきた大人気の美容家がプロデュースしました。

マニグランド(MANI-GRAND)には、ノーベル化学賞を受賞したエイジングケア成分「フラーレン」や、女性ホルモンと類似作用があるプエラリアミリフィカ、また、脂肪を増大させる効果があるボルフィリンなどが含まれているからバストアップが期待できるバストケアクリームなんです。
そこでマニグランドの全成分と効果を詳しくご紹介致します。

マニグランドの成分を効果別に分類するとこのようになります。今話題のプエラリアミリフィカをはじめアルギニンなどバストアップ成分がしっかり含まれています。しかも!ノーベル賞を受賞したEGFや、プラセンタエキス・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの美容成分もたっぷり含まれているので、バストアップしながらハリ・ツヤがある綺麗なバストへと導かれることが期待できるバストケアクリームなんです。

カテゴリー 成分 効果
バストアップ成分 プエラリアミリフィカ・ハナスゲ根エキス(ボルフィリン)・アルギニン 女性ホルモンと類似作用がある成分と脂肪細胞を増大させる効果でバストアップ。
エイジングケア成分 フラーレン・水溶性プロテオグリカン・ニオイテンジクアオイ油 シミ・しわ・毛穴などを改善。
美容成分 EGF・マンダリンオレンジ果皮・アラントイン・プラセンタエキス・ヒアルロン酸Na・加水分解コラーゲン・加水分解エラスチン・レシチン・ダイズ油・グルコシルヘスペリジン・サッカロミセス溶解質エキス・コメ胚芽油・リン酸2Na・パルマローザ油・オレンジ果皮油・ローマカミツレ花油 キメの細かい整った肌へと改善、角質細胞にハリを与え肌に透明感を与える効果が期待できます。
殺菌・抗炎症成分 グリチルリチン酸2K・エンテロコッカス フェカリス・アトラスシーダー樹皮油・カワラヨモギ花エキス・エンピツビャクシン油 肌の表面だけではなく、奥まで浸透して肌トラブルをケア。
香り成分 ダマスクバラ花油・チョウジエキス 香料づくりには欠かせない成分です。

 

マニグランドに含まれている成分と効果をご紹介を致します。

成分名 効果
フラーレン フラーレンは、ノーベル化学賞を受賞したことで有名な成分で、肌に発生した活性酸素をパワフルな抗酸化力で消去・無害化して取除き、美肌に導きます。フラーレンの抗酸化力はビタミンCの125倍以上、プラセンタの800倍ものコラーゲン生成促進作用と、かなり強力なんです。フラーレン以外の抗酸化成分は紫外線に弱く、肌の代わりに自分が酸化し変質するため抗酸化力が失われやすい欠点がありますが、フラーレンは独自の構造により、自分を変えることなく周りの活性酸素をどんどん吸収します。その吸収力は長時間衰えず、肌細胞から活性酸素だけを安全に取除きます。だからフラーレンはシミ・しわ・毛穴などエイジングケアに効果があるんです。
EGF EGFは、Epidermal Growth Factorの略で、日本語では上皮成長因子と呼ばれます。人間が本来持っているタンパク質の一種で、53個のアミノ酸から形成されていて、肌を整える役割を担っている成分です。※化粧品成分表示名称は、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1です。
プエラリアミリフィカ プエラリアミリフィカは、亜熱帯地域が原産のマメ科の植物から抽出し得られる成分で、根の色から、赤プエラリア、黒プエラリア、白プエラリアなどに分けられます。この中でバストアップに効果的と言われているのが白プエラリアで、バストアップサプリの成分として知られるプエラリアミリフィカは白プエラリアを示す名称です。この白プエラリアには、美乳効果の高い成分「ミロエストロール」と言う成分が豊富に含まれており、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似た作用があります。女性ホルモンと類似作用がある成分として大豆イソフラボンが広く知られていますが、ミロエストロールは大豆イソフラボンよりも効率的に体に作用することが証明されています。ただ、プエラリアを過剰に経口摂取(口から食べること)をしてしまうと、腹痛・嘔吐・下痢・月経不順・不正出血・じんましん・肌荒れなど体にとって危険な副作用が出るリスクが高まります。プエラリアの原産国であるタイでは、プエラリア配合サプリの一日当たりの摂取上限量を100㎎と定めています。食料としての摂取は200㎎までです。一方、日本では明確な摂取上限量は決められておらず、あくまで参考値である400㎎/日を基準にサプリメントの摂取目安量が設定されています。マニグランドは経口摂取せず、肌に塗るクリームだから安心してお使い頂けます(^^♪
ハナスゲ根エキス(ボルフィリン) ハナスゲは、ユリ科のハナスゲという植物の根から抽出されるエキスで別名ボルフィリンとも呼ばれます。脂肪細胞を増大させる効果があり、塗った場所にだけ脂肪を増大させる効果があるため、胸にだけ脂肪をつけるのにとても有効な成分です。胸が大きいか小さいかは、胸にある脂肪の量で決まるのですが、このボルフィリンは、脂肪を増やす効果としてより、肌に直接塗りこむことによって、その部分に弾力をもたらしてくれる成分として、注目されています。
マンダリンオレンジ果皮(マンダリンクリア) 柑橘類の中でミカン類に属し、皮は乾燥させて陳皮(ちんぴ)として漢方の材料に使用されています。このマンダリンオレンジ果皮には、ビタミンやミネラルが多く含まれ、角質細胞にハリを与えることで表面を整え、皮膚深部からの内部反射光(肌の色として認識される光)を増やすことにより、肌に透明感を与える効果が期待できます。
アラントイン アラントインとは、コンフリーの葉っぱや根からとれる天然成分で化粧品やハンドクリーム、歯磨き粉やマウスウォッシュなどの中によく使われている人の体に優しい美容成分です。古くなった肌の組織や、硬くなった角質を穏やかに取り除く働きがありホルモンバランスによって崩れた、ターンオーバーの周期を整えてくれます。新しい肌の形成をサポートし、ニキビなどの肌の炎症を防ぐ働きがありデコルテのニキビをケアしていってくれます。また、アレルギーの刺激を抑える力もあることから敏感肌用の化粧品の中にも使われています。
グリチルリチン酸2K グリチルリチン酸ジカリウムは、漢方の原料としても知られる甘草(カンゾウ)から抽出した天然の成分です。グリチルリチン酸ジカリウムは抗アレルギー薬、風邪薬などに広く用いられています。頭皮への刺激も少なく、殺菌作用や抗炎症作用があることがわかっています。肌の表面だけではなく、奥まで浸透していくことが可能な成分です。
プラセンタエキス プラセンタとは、アンチエイジングにも効果があると言われている成分で日本語で言うとプラセンタは「胎盤」です。赤ちゃんが胎盤を通して栄養分を摂取することからもお分かりになるように胎盤には、必須アミノ酸やミネラル(カルシュウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、カリウム、ナトリウム)が豊富に含まれているんです。そのため、肌の新陳代謝、つまりターンオーバーを促進させる効果があります。ターンオーバーとは、古い肌が角質として剥がれ落ち、新たに肌が生まれ変わる仕組みのことを言います。またプラセンタにはシミやソバカスの原因となるメラニン細胞を抑える成分も含まれています。さらに!プラセンタには、肌に弾力を与えるペプチド・核酸・ヒアルロン酸が含まれています。これらの栄養素によって、肌の新陳代謝が促進されコラーゲンが生成されます。そのため、肌に弾力とハリが現れるようになります。
ヒアルロン酸Na ヒアルロン酸Naは、よくお聞きになるヒアルロン酸のことで、通常化粧品にはヒアルロン酸ナトリウムという形で配合されます。ヒアルロン酸は元々人の体の多くの組織に含まれている成分で細胞同士を結びつけたり、高い保水力で体の機能を円滑にする効果があります。1グラムで約6リットルもの水を貯える?高い保水性が特徴です。人体の約60%は水分から構成されていますのでヒアルロン酸がいかに私たちになくてはならない大切な存在であるかがわかります。ヒアルロン酸は肌の表面の下にある真皮という部分にたくさん含まれていて、これが不足してくると肌にハリがなくなったり乾燥しがちになります。肌の保湿性や粘弾性の維持、肌のシワやたるみの予防にヒアルロン酸は欠かせない成分です。
加水分解コラーゲン コラーゲンはタンパク質の1種で、人間の身体をつくっているタンパク質のうち、約30%がコラーゲンとされています。また、皮膚の約70%はコラーゲンが占めています。このコラーゲンは肌にハリとつやを与える成分ですが、年齢、紫外線、刺激などによって減ってしまいます。そのためコラーゲンを外から補ってあげる必要があるのですが、普通のコラーゲンでは分子量が大きすぎて浸透することができません。そこで酵素などで小さくして水に溶けやすくしたのがこの加水分解コラーゲンです。そのため、肌の奥にしっかり浸透し、美肌・美白作用、肌トラブル対策に効果を発揮してくれます。
加水分解エラスチン エラスチンとは、弾力線維性タンパク質のことで、コラーゲンとともに皮膚や血管など常に伸縮が繰り返されている結合組織の中に存在し、組織の伸縮に関わっているタンパク質です。加水分解エラスチンは魚のエラスチンを加水分解して作られています。肌の弾力・ハリを維持・改善する働きがあります。
レシチン レシチンはフォスファチジルコリンとも呼ばれ、約13%のコリンを含むリン脂質の一種で細胞膜の主成分です。レシチンが不足すると、細胞膜が正常に働かなくなったり、コレステロールが蓄積することもあります。また、レシチンは水と油を混ぜ合わせる乳化作用・酸化防止作用・保水作用などの働きがあります。
ダイズ油 マメ科植物ダイズの種子より得られる淡黄色の油脂で、リノール酸・オレイン酸・リノレン酸・パルミチン酸・ステアリン酸などを含んでいます。また、ビタミンE、ビタミンKを豊富に含んでいます。精製過程で採れるリン脂質は「レシチン」で、多くの健康食品に配合されています。リノール酸は、肌を柔らかくし、乾燥による肌のかさつきを予防・改善しうるおいを保ちます。レシチンは乳化作用・酸化防止作用・保水作用などの働きがあります。
グルコシルヘスペリジン グルコシルヘスペリジンは、柑橘類の皮に含まれている天然由来成分から作られた成分で「ビタミンP」の仲間です。血行促進や血管強化の効果によりくすみ・くまを改善します。口紅に配合することで、血行が促進され唇を魅力的に見せることができます。
エンテロコッカス フェカリス エンテロコッカス フェカリスは、エンテロコッカス属の乳酸球菌の一種です。フェカリス菌は数十年前から生きた菌による良い効果があるとして用いられてきました。ロングセラーなサプリメントでは「強力わかもと」にも生きたフェカリス菌が使用されています。死菌にも免疫機能を活性化させる強い効果があることが分かっています。また、花粉症を緩和したりアレルギー鼻炎にも効果があります。
サッカロミセス溶解質エキス サッカロミセスは酵母の一つで、酵素で分解したものがサッカロミセス溶解質エキスです。肌の水分量を増やし、保湿をするとともに、細胞を元気にする働きがあります。そのためシワを改善したり、紫外線や乾燥、外敵からの肌のバリア機能を強化する働きがあります。
水溶性プロテオグリカン サケの氷頭と呼ばれる鼻軟骨から抽出して得られる糖タンパク質です。プロテオグリカンは、ヒアルロン酸やコラーゲンと同様に皮膚の真皮の潤いや弾力を保つ働きがあります。そのため、シワを改善し、老化を予防する効果が期待されています。
水添ポリイソブテン イソブチレンの重合体を水素添加して得られる炭化水素の混合物(油性成分)です。揮発性のある油でにおいはほとんどなく、高重合シリコーンを溶かし込む溶媒として利用されます。化粧品に配合される場合は、ウォータープルーフを特性とするメイクアップ製品や日焼け止め製品に多く使用されています。なお、イソブチレンとは、炭素原子と水素原子だけでできた化合物の総称で、炭化水素で最も構造の簡単なものはメタンです。また、石油や天然ガスの主成分は炭化水素です。
コメ胚芽油 イネ科植物イネの種子にある胚芽から得られる淡黄色で粘性の脂肪油です。コメ胚芽油は、肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れているだけでなく、血行促進作用など肌機能を活性化する効果も期待できます。
アルキルグルコシド アルキルグルコシドとは、グルコースが高級アルコールに結合した非イオン性界面活性剤です。洗浄力・起泡力が優れていて皮膚への刺激が弱いことから、近年注目を浴びています。しかし、歴史が浅いことからデータが不十分であるため、肌や頭皮に対する安全性や毒性は現状はっきりと分かっていないようです。
ニオイテンジクアオイ油 ニオイテンジクアオイ油は、フクロソウ科に属するゼラニウムの全草または葉から抽出される精油でアロマテラピーでよく使用されているオイルです。バラ様の香りがすることから「ローズゼラニウム」「貧乏人のバラ」などとも呼ばれます。ニオイテンジクアオイ油は、皮脂分泌の量をコントロールする働きがあるので、乾燥肌から脂性肌まで使用できます。殺菌作用がありにきびや湿疹などにも効果を発揮するとされ、ニキビケアにも使用されています。また血行促進作用があることから、新陳代謝の衰えた肌や血行の悪い肌を改善する効果が期待できます。さらに!水分代謝をよくするので、マッサージ料に使用するとむくみの解消に役立ちます。
アトラスシーダー樹皮油 アトラスシーダー樹皮油は、マツ科ヒマラヤスギ属に属する樹木の皮から抽出し得られるオイルです。アトラスシーダー油はアトラントン・セドロール・カジネン・セドレンなどの成分を含んでおり、リンパの強壮や殺菌作用・皮膚軟化・収れん・消毒作用などがあります。また精神を安定させる作用もあるので、ストレス解消にも効果があるとされています。ただし、アトラントンという成分が含まれており、蓄積するとまれに神経毒を引き起こすことがあります。それほどの量が含まれている訳ではなく通常の使用量ではまず問題ないとされていますが、濃度には気をつけ、妊娠中や幼児への使用は避けるようにしましょう。
ダマスクバラ花油 ダマスクバラ花油は、バラ科植物ダマスクローズの花から抽出して得られるエキスです。ダマスクローズの花は、ダマスク香と呼ばれる濃厚な甘い香りが特徴的で、香料づくりには欠かせないバラです。また、香水の成分として使用されるローズオイルを抽出します。
リン酸Na リン酸Naは、pHを調製する目的でスキンケア化粧品・メイクアップ化粧品・洗浄製品など幅広く使用されています。リン酸Naの現時点での安全性は、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性は非刺激または最小限の刺激が起こる可能性がありますが、皮膚感作性(アレルギー性)の報告もないため、安全性に問題のない成分であると考えられています。
リン酸2Na リン酸2Naは、オルトリン酸とも呼ばれているリン酸ナトリウム塩類との中和反応によって生成されます。無色もしくは白色の結晶(塊)で、無水物のものは、白色の粉末となっています。リン酸2Naは、皮膚を通貨するとき基底層で酵素の働きによりアスコルビン酸に加水分解されビタミンCとして作用する働きもあります。そのため、皮膚細胞を活性化させたり、化粧品の成分安定の働きがあります。
カワラヨモギ花エキス カワラヨモギ花エキスは、キク科植物カワラヨモギの花から抽出して得られるエキスです。カワラヨモギの名は、川原や海岸に生えているヨモギという意味で、漢方では”いんちんこう”と呼ばれており、古来より黄疸(おうだん)を治療する代表薬として知られています。抗アレルギー作用・抗菌作用・抗酸化作用のほか、毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用・色素沈着抑制作用があり肌荒れ用化粧品、敏感肌用化粧品などのスキンケア化粧品など幅広く使用されています。
チョウジエキス チョウジエキスは、フトモモ科植物チョウジノキの開花直前の蕾を乾燥させたものから抽出して得られるエキスです。今日ではスパイスとして肉料理やケーキ、プディングなどによく用いられています。また、香料として石けんや整髪料に広く使われています。
アルギニン アルギニンは準必須アミノ酸の一つです。この準必須アミノ酸は、体内で生成することができるアミノ酸のことで、必須アミノ酸は体内で生成できないアミノ酸のことを言います。アルギニンは成長ホルモンの分泌や、体内でNO(一酸化窒素)を生産するのに使われる重要な役割があります。成長ホルモンの分泌を促すことでバストアップ効果が期待できます。
エンピツビャクシン油 ヒノキ科植物エンピツビャクシン(別名でエンピツノキ)の樹木から週出される油です。虫を寄せ付けないことから古来より霊的な力があるとされ、棺や家財・船などにも使われてきました。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用、また、リンパの流れを促進する働きがあります。
パルマローザ油 イネ科の植物パルマローザの葉から抽出される油です。免疫力の向上・感染症予防・解熱作用があります、また、皮膚の細胞を活性化してくれる働きがあるため、ハリや潤いを与えてくれます。若返り効果もあると言われ、スキンケアとしても利用されています。
オレンジ果皮油 オレンジ果皮油は柑橘類の果皮から抽出して得られる精油成分です。このオレンジ油には、リモネンというヘアケア成分が含まれていて頭皮の毛穴の汚れや余分な皮脂を洗い流してくれます。また、血行促進作用があり、血流を良くして栄養素を頭皮全体に行き渡らせることができるので育毛効果と白髪予防効果が期待できます。
ローマカミツレ花油 ローマカミツレ花油は、キク科植物カミツレの花から抽出して得られるエキスです。カミツレはあまり聞きなれない言葉ですが、「カモミール」というハーブで馴染みが深いと思います。胃炎・生理痛・冷え症・不眠・皮膚炎など幅広い効能があります。また、シワや毛穴の開きを改善する収れん作用や血行促進作用・抗菌作用があるため化粧品に配合されています。
トコフェロール トコフェロール(ビタミンE)は、シミやシワ、たるみなどの肌のトラブルの原因でもある活性酸素の生成を抑える抗酸化作用があります。また、血行促進の効果があり肌細胞の新陳代謝が活発になることで美肌効果を得ることができます。
カプリル酸グリセリル トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルは、ココナッツオイルから抽出される高級脂肪酸の一種であるカプリル酸とカプリン酸の混合脂肪酸・グリセリンが結合したエステルオイルです。天然の油脂に比べて酸化しにくく、また、サラッとしていて伸びがよく軽い質感のオイルです。また、毒性・アレルギーがほとんどない安全性の高い成分です。ちなみにエステルオイルとは、ワセリン・ミネラルオイルなどの鉱物油とマカダミアナッツ・スイートアーモンドなどの動物/植物オイルのちょうど中間的なオイルです。ホホバオイルもエステルオイルです。
エタノール エタノールは、デンプンや糖蜜をアルコール発酵させたり、エチレンから化学合成したりして作られます。消毒用として広く知られていいて様々な化粧品にも配合されています。低刺激で毒性もなくアレルギー性も少ない安全性が高い成分です。

 

マニグランドの全成分もご紹介致します。

内容量 100g
水、BG、ダマスクバラ花水、グリセリン、グリセリルグルコシド、スクワラン、DPG、アラントイン、ハナスゲ根エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、コルクガシ樹皮エキス、グルコシルヘスペリジン、エンテロコッカス フェカリス、グリチルリチン酸2K、プラセンタエキス、サッカロミセス溶解質エキス、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、水溶性プロテオグリカン、加水分解エラスチン、マンダリンオレンジ果皮エキス、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド1、フラーレン、レシチン、ダイズ油、水添ポリイソブテン、コメ胚芽油、(C14-22)アルコール、(C12-20)アルキルグルコシド、ポリソルベート85、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/メタクリル酸ベヘネス-25)クロスポリマー、PVP、アルギニン、ニオイテンジクアオイ油、エンピツビャクシン油、アトラスシーダー樹皮油、パルマローザ油、オレンジ果皮油、ローマカミツレ花油、ダマスクバラ花油、トコフェロール、リン酸Na、リン酸2Na、リン酸K、カワラヨモギ花エキス、チョウジエキス、カプリル酸グリセリル、エタノール、フェノキシエタノール

 

マニグランドの購入はこちら

 

ふわっとマシュマロブラ5段階ホックの効果はある?口コミを暴露!

ふわっとマシュマロブラは、これまでのナイトブラとは一味違います。その最大の特徴は、5段階調整ホック付きの「ふわ盛りレースベルト」です。このふわ盛りレースベルトがアンダー部分でクロスしているので、バストをグッと中央に寄せて上げます。ですので、谷間がメイクできてバストアップできるという訳なんです。

しかも!アンダーサイズはなんと5段階で調整できるので、バストの盛り具合を調整できるんです。あの大人気ナイトブラ「ふんわりルームブラ」でも3段階しかありませんでした。また、バストアップできる補正下着で有名な「エクサブラ」のナイトブラも同様にアンダー部分でクロスしています。ふわっとマシュマロブラは、「ふんわりルームブラ」と「ナイトブラ グロウナイト」の良い点を組み合わせたナイトブラとも言えます。

そんなバストアップできる「ふわっとマシュマロブラ」の5段階調整ホックは本当に効果があるのか口コミを調べましたのでご紹介を致します。

ふわっとマシュマロブラ5段階ホックの効果はある?口コミを暴露!

口コミを暴露!

ふわっとマシュマロブラの口コミからわかったことは、この4つです。
 小さい目のバストでも谷間がメイクできる
 離れ気味のバストもセンターにグッと引き寄せられる
 バストの横流れが防げる
 背中や脇にバストが流れない

では、実際にふわっとマシュマロブラがどのぐらい効果があるのか写真と口コミをご覧ください。

念願の谷間ができました(^^♪

胸が大きくないので、綺麗な谷間のあるバストにずっと憧れていました。そんな時、ふわっとマシュマロブラを知り購入しました。下と横からお肉を寄せ集めてくれるので満足しています。ふと、下を向いたときに、自分の谷間が見えるとやっぱり嬉しいです。

ふわっとマシュマロブラの口コミ


流れていたお肉がキャッチできました

もともと体のお肉が柔らかくので、寝るとお肉がサーッと脇や背中などに流れていってしまってました。これだとバストの形が崩れると思ってナイトブラを探していたら、このふわっとマシュマロブラが私にあってそうなので即購入をしました。朝起きてもバストがきちんとカップに収まっていたときは感動しました! これまでいろいろなナイトブラを試しましたが、このふわっとマシュマロブラが一番私にはフィットします。

ふわっとマシュマロブラの口コミ


離れ気味のバストも寄せて上げれます

離れ気味の私のバストをしっかりとセンターに寄せてくれます。生地が伸縮性に優れているので360℃から程よい締め付けで、就眠中はもちろん、運動中もまったくずれることがありません。友達からも「姿勢が良くなった」と言われました(^^♪

ふわっとマシュマロブラの口コミ

これらの口コミで満足しているには理由があります。その理由をご紹介致します。

 小さい目のバストでも谷間がメイクできる
ふわっとマシュマロブラには、取り外し可能な「高性能3Dパッド」が内蔵されています。この高性能3Dパッドの中央には胸の位置や形をキープするスポットフォルダーがあり、下部分はバストを持ち上げるため厚めになっています。そのためバストが小さ目の方でもリフトアップされ、5段階調整ホックとの相乗効果で谷間がメイクできてしまうんです。
ふわっとマシュマロブラの口コミ(小さい目のバストでも谷間がメイクできる)

 

 離れ気味のバストもセンターにグッと引き寄せられる
5段階調整ホック付きの「ふわ盛りレースベルト」がアンダー部分でクロスしているので、離れ気味のバストも中央にグッと引き寄せることができます。
ふわっとマシュマロブラの口コミ(離れ気味のバストもセンターにグッと引き寄せられる)

 

 バストの横流れが防げる
ブラの両サイドに埋め込んでいる細長いシリコンがストッパーの役目をして、寝返りの時に横に流れてしまうバストの大切なお肉をキャッチして逃しません。
ふわっとマシュマロブラの口コミ(バストの横流れが防げる)

 

 背中や脇にバストが流れない
伸縮性に優れた生地を採用しているので、一度キャッチしたお肉は逃しません。そのためバストのお肉が背中や脇に回ることがありません。また、背中にホックがないのでデコボコお肉も無くなりスッキリとした背中でアウターにひびきません。
ふわっとマシュマロブラの口コミ(背中や脇にバストが流れない)

 

「ふわっとマシュマロブラ5段階ホックの効果はある?口コミを暴露!」の続きを読む…