ナイトブラがバストの垂れや横流れ、バストの形が崩れるのを防ぐ!

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket


ご注意下さい!

ナイトブラを付けないで寝ている方、間違ったナイトブラを付けて寝ている方は、寝ている間にもバストが垂れてバストの形がどんどん崩れてしまっています!

バストが垂れていると気付いた時にはもう取返しがつきません(^^;

志村けんや吉本新喜劇のおばあちゃんのお乳のように、おへそぐらいまでバストが垂れてしまったら?

そこまで垂れてしまうことは無いでしょうが、日々のバストケアを怠るとバストが垂れ下がり、バストのが崩れてしまいます。

就眠中もバストケアをされていますか?

まさかノーブラで寝ているってことはありませんよね?

というのもノーブラで寝ていると間違いなくバストの形は崩れていっています。

ナイトブラ 理想のバスト

私の言う「間違ったブラ」とは、バストの垂れや横流れを防ぐことができていないブラのことです。

ブラをして寝ているからと言って安心できません。

はたして本当にそのブラは、バストの垂れや横流れを防げているのでしょうか?

 

なぜ寝ている間にバストが垂れて形が崩れてしまうかと言うと、バストは乳腺脂肪クーパー靭帯などからできていて、それらのうち脂肪が90%を占めています。

この脂肪は一か所に留まることはなく、寝ている間にあっちに行ったり、こっちりに行ったりと動き回るからバストが垂れたり、横流れをすることによりバストの形が崩れていくのです。

 

バストアップしたいけどバストが大きくならないと悩んでいる方もブラを着けづに寝ていることや、間違ったブラを着けていることが原因かも知れません。

と言うのもバストの乳腺やクーパー靭帯が下垂により傷ついたりするとバストアップできなくなるんです。

このクーパー靭帯とは、乳腺と大胸筋をつなぎ、乳房を支えている大事な靭帯なんです。

ですからこのクーパー靭帯が伸びたり傷つくとことで、バストの下垂につながることはもちろん、バストの成長まで妨げてしまうのです。

バストはクーパー靭帯・乳腺・脂肪からできている

 

ナイトブラは昼間ご使用されているブラとは違って、寝ている間もしっかりとバストをホールドしてくれます。

バストが垂れないように、横流れしないようにしっかりと包み込んでくれるのです。

また昼間のブラと作りでも違っていて、ホックやワイヤーがなく、かぶりタイプで窮屈感を軽減している作りが特徴です。

縫合の方法も特徴的で、バストの脂肪を背中から前に、脇から前に流れるように考えられたナイトブラから、昼間でも使えるナイトブラ、可愛いナイトブラなど様々なナイトブラが販売されています。

 

ナイトブラ選びが一目でわかる徹底比較はこちら

 

ほかのナイトブラも見てみる♪

コメントを残す